红色中国网

 找回密码
 立即注册
查看: 2436|回复: 0

马克思被以西方社会为主体受众具有极大影响力的英国广播 [复制链接]

Rank: 8Rank: 8

发表于 2012-7-28 15:49:22 |显示全部楼层
马克思被以西方社会为主体受众具有极大影响力的英国广播公司bbc公选为千年第一思想家
(贴于此已备查考)

1999年,由英国剑桥大学文理学院教授及BBC广播公司发起的对“谁是人类纪元第二个千年‘第一思想家’”这一问题的全球互联网调查中,马克思超越爱因斯坦成为第一。[7]

本来预计有5-6千人投票,结果有3万4千人投票,马克思得票率为27・93%,第二名的爱因斯坦只有12・69%,马克思当选为我们时代第二个千年的第一思想家或最伟大的哲学家。
World Marx the millennium's 'greatest thinker'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/461545.stm

Click here to see the full results of September's vote.
点击这里以看九月份的投票的完整结果:
http://news.bbc.co.uk/hi/english ... nium/sep/winner.stm

听一下为什么你应该投马克思一票
Listen to Francis Wheen say why you should vote for Karl Marx
http://www.bbc.co.uk/radio4/hist ... v_adv_karl_marx.ram

(不在于解释世界,关键在于改造世界The philosophers have only interpreted the world, in various ways. The point, however, is to change it.')

「最も伟大な哲学者」
マルクスが1位
英BBCラジオの视聴者投票

 英BBC放送のラジオ番组はこのほど、人类史を通じて「最も伟大な哲学者」にカール・マルクス(写真)を选出しました。一位のマルクスは27・93%の票を获得、二位のデイビット・ヒュームの12・69%を大きく上回りました。

 BBCラジオ4の番组「われらの时代に」のウェブサイトが六月から一般视聴者の投票を募っていました。

 この结果について、番组の司会者は、「五千─六千人の投票を予想したが、三万四千人が投票した」と関心の高さを绍介し、「28%がマルクスに投票したのは、惊くべきことだ」と述べました。

 著名な歴史学者・エリック・ホブズボーム氏は番组にコメントを寄せ、この结果を分析。「ソ连の崩壊でマルクスは解き放たれた」と指摘し、「人々はマルクスの幅広い著作を再発见し、二十一世纪における経済のグローバル(地球规模)化の性质と事実についての予言に惊かされながらマルクスを読み直してい る」と述べました。

 さらに「最大の理由」として、「多くの人々にとって哲学は、物事を考えるだけではなく、理解し今の世界を変えること」だとし、「哲学者たちは、世 界をいろいろに解釈してきただけである。しかし、大切なことは、それを変えることである」(「フォイエルバッハにかんするテーゼ」)とのマルクスの有名な言叶を绍介しています。


イギリスBBC放送のラジオ4の「In Our Time」という番组で、20人の哲学者のなかからリスナーの投票でマルクスが「最も伟大な哲学者」に选ばれた、とのことです。

BBC – Radio 4 – In Our Time – Greatest Philosopher – Karl Marx

投票结果は、以下の通り。

    カール・マルクス   27.93%
    ヒューム   12.67%
    ウィトゲンシュタイン   6.80%
    ニーチェ   6.49%
    プラトン   5.65%
    カント   5.61%
    トマス・アキナス   4.83%
    ソクラテス   4.82%
    アリストテレス   4.52%
    カール・ポパー   4.20%

その他に、デカルト、エピクロス、ハイデガー、ホッブス、キルケゴール、ジョン・スチュアート・ミル、ラッセル、サルトル、ショーペンハウアー、スピノザの、全部で20人から选ぶようになっています。

番组の放送そのものは、ここから闻けます(ram形式)。

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

Archiver|红色中国网

GMT+8, 2020-2-18 13:57 , Processed in 0.021241 second(s), 10 queries .

E_mail: redchinacn@gmail.com

2010-2011http://redchinacn.net

回顶部